FC2ブログ
らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

ばったレポート2  ごはんですよ

category: 季語実感
本日撮影

20200728-2.jpg

前足で葉っぱを持ち上げていたので、お食事中かと撮影!
分かりづらいけど、後ろ足も三角になってます!
大きさは、ちょっとズームしてますのでご了承ください。

実際やっぱり葉っぱ食べてるんだね。
地味に虫食いが増えてます^^;

2020/07/28 Tue | | trackback(0) | comment(0)


ばったレポート

category: 季語実感
写真だけ撮って加工とアップがめんどくてほっぽらかしていたら、着実に大きくなっております^^;

とりあえず、日付順に。

7月9日撮影

20200709-1.jpg

この日は雨風が強かったので、覗いてみたら、葉っぱの上でなく、茎に捕まっていた。
ちゃんと雨やどりしてんのね^^;

7月19日撮影

20200719-1.jpg

7月27撮影

20200728-1.jpg

そして昨日。
まぁ保護色でわかりづらいけど^^; 
最初の発見から長さも太さも2倍になってると思う。

ときどき、こっち向いてるときがあって、のぞき込むとこちらを認識して、身動ぎするのがなんか可笑しい。
ま、ちっちゃい体だけど、ばったの目ってでかいもんね。人間はどう映ってるんだろうなぁ。

ところで、写真撮りながら、ずっと疑問に思ってたんだけど。
ばったの自慢の後ろ足、ちっとも三角に持ち上がらないんだけど。
初めは止まってるときもよれよれしてるから、脚もげてるのかと思ったくらい。
昨日カメラ向けたら、けっこうな距離ジャンプしたので、まぁ大丈夫なんだけど。
でもやっぱり脚は体に沿っている。
ふしぎだ。

2020/07/28 Tue | | trackback(0) | comment(0)


飛蝗の子 (再度:季語ではありません、念の為)

category: 季語実感
安心してください、まだいますよ!

20200703-1-s.jpg

なんか、だいたいてっぺん近くの葉っぱにいます。
風が強くてもちょっとぐらいの雨でも関係ないみたい。
ザンザン降りのときは見る余裕がないので分かりません^^;

はじめは、水がかかるとまずいかなと思って気にしましたが、バッタの方がぜんぜん気にしないので^^;
いまでは鉢植えの水やりのときもぜんぜん遠慮なんてしないでばさばさ水かけてます。
まぁ脚があるんだから、嫌なら逃げるでしょ。

なんとなく微妙に大きくなってる。
そして葉っぱの虫食いはすごいことになっているのだった。

2020/07/03 Fri | | trackback(0) | comment(0)


蟷螂の子

category: 季語実感
これは季語です。(おぃ^^;

先日の、どっかへいっちゃったカマキリの子を発見しました。

なんと!
バッタの子をかかえてたべようとしていたっ!

その瞬間はさすがに写真取る余裕もなく、とりあえず、手近の紙にそーっと載せてみたら、カマキリの子の方がびっくりしてバッタを放して離れて、バッタはよろよろだけど動いたので、両方を離れた鉢の葉っぱに移した。

20200629-1-s.jpg

このカマキリは背中が茶色だった。それだけでもう、可愛気がなくて凶暴性を感じる^^;

20200629-2-s.jpg

襲われて、すでに溶ける体液でも浴びたのか、胴体が変色していた。
とりあえず放したけど、もたないかもなぁ……

もう一匹のバッタは無事です。
もう少し観察したいので、カマキリの子には外の世界へ出ていただいた。
大きくなれるといいね。(つか、どこから湧いたんだろう……?

追記
翌朝、紫式部の根本で骸を発見した。
結局、弱肉強食の摂理に手を出して、バッタは助けられず、カマキリからは餌を奪った、ろくでなしの人間である。

2020/06/30 Tue | | trackback(0) | comment(0)


飛蝗衣を脱ぐ

category: 季語実感
もちろん、季語にはありません^^;
蛇衣を脱ぐ はもちろん夏の季語だけど。

20200628-1 -s

ばったも衣を脱ぐんですね~~!!
いや、初めて知った。(単なる無知)

このサイズで脱皮するんだね。
つまり、脱皮したってことは第1段階サイズアップ、ってことだよね。

20200628-3 -s

これは真上から撮った写真だが、脱皮するときはちゃんと葉裏に止まるんだね。
ゆうべ雨降ったしね。
いや、それにしてもみごとな保護色^^;

先日、他の鉢植えにカマキリの子がいた。どっから湧いて出たか全く不明。
すぐ見失って、もうわからない。

こんなベランダでもミラクルワールドが存在する感動。

2020/06/28 Sun | | trackback(0) | comment(0)


飛蝗生る

category: 季語実感
なんと6年も放置していたとは……^^;

もとい。
季語に 蜻蛉生る や 蟷螂生る はあるが、飛蝗は生れてなかった^^;
大日本歳時記で探したが、ばったは秋の季語でしかなかった。
多分、とんぼはヤゴだし、かまきりはあの卵の特異な形状と、わらわら生まれたときの親そっくりの糸みたいな子の印象が強いからだろうな、と思う。
なんでそんな話かというと。

20200603-1-s.jpg

20200603-2-s.jpg

ベランダの鉢植えからわらわら生れたからですっ!

写真を取ろうとしたときにはもう、ぴょんぴょん跳ねて出ていきはじめたのでバラけてるが、気がついたのは、苔?と思うような緑のかたまりが土の上にあったからだ。
よくよく覗いてみると、三角のきみどりがわらわらぴょんぴょん。
えー!!ってなるよね。

20200603-4-s.jpg

手すりの上の写真。
大半はどっか行きました。つまり、うちは2階だから、この手摺からぴょんぴょんしたら、地上にダイブすることになるわけで、無事着地して生き延びていればいいんですが。
それが6月3日。

で、終わるかと思いきや。
写真の日付によると6月20日。鉢植えの水やりのときに、今年実生2年目にしてわっさーと茂った紫式部の葉がやたら虫喰ってる。
どこに毛虫がいるんやろうか、とまじまじ探したらなんと!!

20200620-1 -p-s

ぴょんぴょん跳ねて出ていったと思ったばったが2匹いるやん!!

まだ、生まれたときからたいしておおきくなってないですが、ちょっと太った^^;
タイミングが合うyと、なんと!脱糞している場面を目撃できます(おぃ^^;

なんか、こんなの見ちゃうと、葉っぱぐらいいくらでも食え、と思うよね。

というわけで、ばった観察日記に変更します^^;(え

2020/06/25 Thu | | trackback(0) | comment(0)


初玉虫

category: 季語実感
初めて玉虫の実物を見た。死骸だったけど^^;
キランキランだった。
記念に持って帰ろうかしらんと思ったが、何気なくひっくり返したら、キランキランの緑の腹なのに、大っ嫌いなゴキブリそのもの!!
もう、キランキランでもひげがなくても、玉虫はゴキブリにしか見えなくなってしまった…………嗚呼!

玉虫は玉虫色の油虫  らくだ

(おぃ^^;


追記
時々、クワガタのメスの手頃な大きさのがひっくり返っていたりしたら、もうパニックである。
ギリギリ、セミとカブトムシとカナブンまで。

追記2
ひげが長いわりにかみきり虫は平気である。
別名のとおり水牛の角のような角度で、カッコイイとさえ思う。

2014/08/11 Mon | | trackback(0) | comment(0)


迎春

category: もっぱら俳句
蹄鉄s


今年もよろしくお願いします。

2014/01/11 Sat | | trackback(0) | comment(0)


新企画

category: もっぱら俳句
ウラハイで露結さんのコーナーがスタートした。 (というか、露結さんのブログで先行スタートしていた)
その名も 【レコードジャケットで一句】
コメント投句から好き句をいくつか。(敬称略)
あ、その前に露結さんの句がまずイカしてる。

Bカップぐらいかしらと簾ごしに言う  山田露結

 簾ごしに見ているということで、こっちの話なのね。
 女のセリフのようだが、「自分のほうが勝ってる!」というニュアンスがあって可笑しい。

風琴を踏む足見えず夏ゆふべ  あめを

 渋い。風琴という言葉でジャケットの絵から作者の世界観に引きつけられる。

うすものをゆるやかに着てくずれけり  猫髭

 きれい! 色っぽい! そしてあやしい~!

立て膝のまま問ひ詰める薄暑かな  廣島屋

 女性の眼ぢからが如何にも問い詰める感じ。

こう見えて出てたの夏の甲子園  no_ra_co

 うーむ、この絵で夏の甲子園てスゴイな。
 俳句って自由なんだな。当り前だけど、今更ながら^^;

2013/06/15 Sat | | trackback(0) | comment(0)


今日のgoogle

category: ネタ帳
小林一茶

googleのロゴが日本語って初めてでは?
ということで記念に貼り付け。

ちなみに、ロゴの説明のポップアップは

  「ゆう然として山を見る蛙かな」小林一茶生誕250週年


なるほど。

2013/06/15 Sat | | trackback(1) | comment(0)


プロフィール


沖らくだ
目指せ諧謔
カテゴリ
もっぱら俳句 (15)
好き句 (15)
題読 (2)
付け句 (1)
季語実感 (9)
ネタ帳 (2)
今日の天声人語 (6)
楽駄句 (3)
リンク
週刊俳句 Haiku Weekly
ウラハイ
毎日が忌日
以前の記事
コメント
トラックバック