FC2ブログ
らくだはお気楽
FC2BlogAdminRss1.0b

娑婆娑婆

category: もっぱら俳句
 すっかり遅くなったが、大好きな佐山哲郎氏の第三句集のご紹介。
 もたもたしている間にあっちこっちで上等な書評がたくさん出たので、いまさら、なんだけど。
 
 装丁が美しい。かつ渋い。かつどっか「ワルい」感じがする。
 無頼というのに近くて、でももっと柔らかくてふところが深い感じ。
 チャラい「ワル」じゃなくて。(意味不明^^;
 
 とにかく。
 読み始めたら笑いがこみ上げてきて、読んでいるあいだ、笑うまいとしても肩が震えて来て、どうしても「ぅわっははは」と出てしまう、そんな句集が他にありますか?
 
 まずね、笑わせるということがすごい。
 たとえ作者が意図していないとしても(ま、そんなことはないだろうけど)、読んで笑える(それも気軽に)俳句は、そう簡単に作れません。
 
 そして、分かる人には本歌取りとかパロディとかちゃんと奥がある。
 あほならくだは笑っているだけなんだが、分からなくてもいいよ、笑ってくれれば、と言ってもらってるようでほっとするところがあるのだ。(それは希望的観測^^;
 
 で、らくだ的にもうけっ!と思ったのは、各章のインデックスに短歌が詠まれているところ。
 以前、塵風で佐山氏の短歌を読んだ時、ひえ~!と思ったが、奇才は余技もすごいのねん。(というか、佐山氏にとってはすべてが余技かもしれん)
 
 縁あって句会でご一緒したことがあるが、まず一目惚れならぬ一耳惚れしちゃったのだった。
 いい声なのよ~♡ なにせ読経で鍛えているからね。
 で、思い出してみれば、先に書いた「どっかワルそうな」感じなのよ。
 てことは、「娑婆娑婆」は佐山哲郎そのままってことなのかしらん。
 多分らくだがあほなので読み取れない奥の深い部分も同じだろうと思う。読みとりたかったらいろんなことを知らないとダメなのよね。全部は無理としても(生まれた時がちがうのでね)、いくらかは脳みそが働く限りなんとかできるはず。
 精進精進。
 
 なんか、横にそれちゃったが、つまりはそんな句集です、「娑婆娑婆」。(おぃ^^;
 
 追記
 電車での読書には向きません。

2011/11/19 Sat | | trackback(0) | comment(0)


プロフィール


沖らくだ
目指せ諧謔
カテゴリ
もっぱら俳句 (15)
好き句 (15)
題読 (2)
付け句 (1)
季語実感 (9)
ネタ帳 (2)
今日の天声人語 (6)
楽駄句 (3)
リンク
週刊俳句 Haiku Weekly
ウラハイ
毎日が忌日
以前の記事
Recent Comments
Recent Trackback
Links
週刊俳句 Haiku Weekly
ウラハイ
毎日が忌日
Profile

沖らくだ
目指せ諧謔